がん検診 腫瘍マーカー

 腫瘍マーカーとは
がん細胞やがん細胞に対する体内の反応により作られ、血液や尿、組織などで検出される
物質です。
これらの物質は、癌の診断や治療の目印になるので腫瘍マーカーと言われます。
腫瘍マーカーは、単体では癌を探せる検査というわけではありません。癌が無くても
値が上昇する場合もあります。
また、癌があっても必ず異常値を示すものでもありません。
そのため、癌を診断するための指標の一つと捉えています。
例)AFP:肝臓がんに特異的に異常値を示す
  PSA:前立腺がんに特異的に異常値を示す
  



 AFP 肝臓がん検診
  
α-フェトプロテイン(AFP)は、胎児期に肝細胞で産生され胎児血中に存在する
  酸性糖蛋白。
   胎児の肝と腫瘍の共通蛋白であるため、癌胎児性蛋白とも呼ばれています。
   出生後は一般的にほとんど産生されませんが、肝細胞癌など悪性腫瘍で
  出現して増加します。


 PSA 前立腺がん検診
  
Prostate-specific Antigen(PSA)は、前立腺組織の腺上皮から特異的に作られ
  分泌される糖蛋白。
  
前立腺に特異的な腫瘍マーカーで前立腺がんで高値を示します。
  良性前立腺肥大症や急性前立腺炎という、がん以外の疾患でも高値を示すことが
  あります。
  その他にも、前立腺の触診などで前立腺に物理的な刺激が加わった場合でも
  上昇することがあります。
  




無痛性内視鏡
ヘリカルCT
マンモグラフィ
子宮組織採取
腹部超音波
乳腺超音波
腫瘍マーカー
個人情報保護方針 | 個人情報の取り扱いについて | 利用規約
Copyright (C) 2010 医療法人オリエンタルクリニック All Rights Reserved